×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気になるキーワードを入力して下さい。


書店では購入できない情報商材


旅のサポート

スポンサードリンク

股 関節痛と同等に多いのが膝関節痛

関節痛でお悩みの方が沢山いらっしゃいますが、中高年になるに従い増加してくるのが、膝 関節痛と言われております。貴方は私はまだまだ若いし痛みも全く感じなから私とは無関係と思って安心していませんか?
膝 関節痛で同じ症状は最初は、なんとなく膝に違和感を覚えるようになり、そのうちに膝が自分の膝では無いぐらいに違和感を感じる用になります。個人の症状により膝 関節痛を全く感じさせない期間もある人もいますのであまり膝 関節痛を気にしない方が多いようです。
大事なのは早期治療です。 しかし、普段の日常生活から早期時期から予防しておくのが大切です。
簡単な膝 関節痛予防法
1)クッション性の高い靴(スニーカー)を履き、膝への負担を多少でも少なくする事
2)正座は極度に膝に負担を掛けるので椅子を使用し日常生活を行う
3)散歩などの軽い体操をする、
4)身体を冷やさない、
何よりも膝 関節痛に対しての意識を持ち上記の簡単な事を継続をして下さい。

スポンサードリンク

関節痛は日常生活から防ぎましょう

関節痛は、股・腰・膝・肩の部位だと言われております。
関節痛とはどのような事な症状の事だと思いますか?
人間には、体中には膝はもちろん肘や肩など、関節無数にありますのは皆さん御存知だと思います。
関節と呼ばれる箇所を、曲げたり伸ばしたりの屈伸させる事により動作が出来る箇所の事です。
骨と骨の接合部分とお考え下さい。
通常、関節は 骨と骨がこすりあう事によりどうしても磨り減ってしまわないようにと、軟骨と関節液というもので守られている。
関節痛の痛みにはさまざまな痛みの種類があります。
1)寒くなると痛くなる人
2)動かすと痛い人
3)体重を支える足に負担がかかるのですから、膝や股関節などの関節痛をひきおこす。
4)スポーツなどの瞬間敵に関節に負担をかけるような生活を続けると関節痛の原因に
なる事もあります。

関節痛の特に膝関節を強化する方法

膝関節を強化する体操です。

1)セッティング方法
膝の下にタオルを2つに折りまげて床に置いて下さい。
少しづつゆっくりと膝を伸ばす気持ちで太腿を10秒間収縮させて下さい。
30回×3セット以上を目安に頑張って下さい。
足首にはあまり力を入れないで気楽にトライして下さい。

2)足上げ体操
あお向けに寝て下さい。
膝を伸ばしたまま、片足づつ床から45度の角度に持ち上げて10秒静止して下さい。
20〜100回を目安に頑張って下さい。

3)イスにすわって行う体操
片方の足をピンと伸ばし、太ももを収縮させながら10秒間静止させて下さい。
20〜100回を目安に頑張って下さい。
あせらずに無理をしないで毎日持続する事が関節痛を日頃のケアーで皆さんも
是非防いで下さい。

Copyright © 2008 股 関節痛克服して 毎日スマイル